瑞穂糧穀株式会社
ごあいさつ 会社概要 事業紹介 契約栽培米「みずほ米」 商品案内 みずほ産地便り

・ごあいさつ

・会社概要
・事業所一覧
・経営理念・行動規範

・事業紹介
・品質管理
・環境事業

・みずほ米の歩み

・お米
・その他食品

・最新情報
・バックナンバー



  玄米、精米の品質検査
 

1.計測器で白度、整粒歩合、食味を計測します。

 

白度・・・

玄米、精米の白度を測定します。玄米白度は精米するときのデータとなり、精米白度は精米の確認にもなります。

白度計
白度計
 

 

整粒歩合・・・

一定量の玄米、精米から未熟粒、被害粒、胴割米、死米などを除いた整粒の割合を測定します。

穀粒判別機
穀粒判別機
 

 

食味・・・

たんぱく質、アミロースなどお米の食味に関係する成分の含有率を測定します。

食味計
食味計
 

2.水浸割粒を検査します。(精米)

 

水浸割粒・・・

一定量の正常粒(精米)を水を張った試料皿に入れ、20〜30分後に精米の腹部から口が開いたように割れた粒を水浸割粒としてその割合を測定します。

 

3.データを分析、蓄積します。

 
※ データはサンプルです。
 
   

Copyright 2007-2015 by Mizuho-ryokoku. All Rights Reserved.